太陽光発電

HOME» 太陽光発電 »太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電

「アスカ創建で損しない家づくりを実現された方々の声」はこちら▶

1. 2020年から半義務付けのネット・ゼロ・エネルギー住宅

え??

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス?それってどんな家??

それは・・・
住宅に使用するエネルギーにおいて、
「電気、ガス、灯油で消費したネルギー」<「発電により作ったエネルギー」となっている住宅のことをゼロ・エネルギーハウスまたはZEH(ゼッチ)といい、
経済産業省は2020年までに新築住宅の標準仕様(半義務付け)にする方針を発表しています。

みなさんは一生住まわれる家を
2020年基準を無視して一生電気代を損する家を建てますか?
それとも、2020年基準の、賢く電気を使う損しない家づくりをしますか?

比較画像
 

2. ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスにするための4つのポイント

ポイント1省エネ

まとめ
 

3. 初期費用

ゼロエネルギー化にはすごくお金がかかりそう!という印象の方もいると思いますが、
アスカ創建は、独自の入手ルートで大手ハウスメーカーや他の工務店では実現のできない価格で、太陽光発電システム・蓄電池システムをご提案しています。
また、太陽光発電で作ったエネルギーを電力会社に売電し、収入を得ることができます。

初期費用は多少かかりますが、建築費だけで判断せず、長期的な視点でZEH対応住宅と一般住宅にかかる光熱費などのコストを比較すると逆にお得になる場合もあります。
 

補助金も設けられておりますので、詳細情報についてはアスカ創建までご確認ください。
TEL.025-530-3854


アスカ創建のZEH目標

タイトル

家族

10.0kw搭載(糸魚川市) 2014.8

自宅の年間電気代163,163円<売電金額390,621円
アスカさんにおすすめしてもらい10kwを自宅の屋根に設置して一年がたちました。
大体シュミレーション通りに発電し、我が家の家計にゆとりを与えてくれています。

家族

4.3kw搭載(上越市) 2014.6

見学会に行くたびに屋根に付いているのを見て、説明を聞きながら将来のため、未来の子供たちのためにCO2削減に貢献できると思い決意しました。
また、蓄電池の普及に期待をしています
 

外観

10.0kw搭載(上越市) 2015.4

アスカさんから数年前に組んだ住宅ローンを見直しては?と提案され、そのタイミングで太陽光発電も同時に提案されました。ローンの見直しで下がった毎月の支払いで太陽光発電が搭載できることをしり、同じ金額で太陽光発電が搭載できる事を知り、設置しても損がないと考えました。
今までと全く支払額が変わっていないのに、毎月収入が入って来て大満足です。
後は、カーポートにもパネルを設置したので、冬が少し心配です。

外観

10.0kw搭載(三和区) 2013.12

アスカさんからのすすめで、投資以上の金額の見返りが見込まれるので、思いきって太陽光発電を設置しました。降雪期に晴れているのに雪がのっているのを見ると少しストレスが感じますが、まあまあ満足しています。
 

外観

11.0kw搭載(三和区) 2013.7

建て替えと同時期に全量買取制度がスタートし、時代の流れを考えてパネルを設置しました。


 

サンプル

10.0kw搭載(上越市) 2013.9

セミナーで太陽光発電による返済の低減や非常時の電源として利用できることを知り、設置を決断しました。売電金額は非常に満足していますが、屋根の雪が落ちることや下雪の処理が少し気にかかっています。
 

外観

10.0kw搭載(上越市) 2015.1

脱原発のニュースやソーラー発電に興味があったところ、アスカさんのに進められて設置しました。5月6月が発電のマックスと聞いていたが、6月も7月も想像以上に発電しなく、(1から7月まで190,733円)少し残念です。
また、雪がウッドデッキに落ちて、雪かきが大変になりました。

サンプル

7kw搭載(大潟区) 2014.3

もともと太陽光発電には興味がありましたが、アスカさんの話をお聞きし搭載を決断しました。発電に関しては満足していますが、風が強い時に屋根に乗せてある配線が少し音がするのが少々気になります。
 

家族

10.2kw搭載(上越市) 2013.10

福島原発事故後、原発の危険性を改めて考えさせられ、できることなら原発のない日本、CO2の削減に一役かいたいと思い、太陽光発電を乗せることを決意しました。

 

サンプル

10.0kw搭載(頸城区) 2014.11

原発は廃炉にするのに100年以上かかるし、人間が処理できないものを取り扱うべきではないと強く思います。 どちらかと言えば太陽光発電の売電金額よりも電気の自給自足に興味がありましたし、将来は自然エネルギーの活用が不可欠かと思います。 
 

 

 

 

2017/10/20